松井直之先生の「響き」を聴く!室内楽レッスン

講師名 松井直之先生

レッスン・企画の内容 【次回開催決定!】10/25(木)モーツァルトSQ第2番より「第1楽章」に決定!
各フレーズのハーモニーの「響き」を聴きながら丁寧にじっくりと音楽づくりを学びます。 (※最大延長30分)
 
♪モーツァルトやハイドン等の初期の作品を用いて、じっくりと「響き」を聴きながら音楽づくりを学びます。
募集人数・定員 8名様(ダブルカルテット)
最少催行人数 4名様(各パート1名様)
時間・参加費 1回90分・4000円
コメント 原則1回ひとつの楽章ですが、楽章の最後までいかない場合があります。
※レッスン時間が30分程度延長になる場合があります。

開催日時/募集状況等

♪モーツァルト弦楽四重奏第2番 【1楽章】のみ

開催日 2018/10/25
曜日
時間 14:30~16:00
詳細 各パート二名(全8名)募集
募集状況 募集中!

お申込方法

当スタジオお問い合わせフォームよりお申込み下さい。

お問い合わせフォームはこちら

講座内容等のお問い合わせTEL :
 03-6805-0804

※留守電になる場合には、折り返しお電話致します。

室内楽企画にお申込みされる方へのお願い

室内楽では全員が他のパートの音を聴き合い合奏(アンサンブル)します。他の方々に自分の音を聴いてもらえるよう、事前に譜読みをして当日は「インテンポ」に近いテンポで弾けるよう、事前に必ず準備(譜読み・練習)をしてご参加ください。好きな曲・よく聴いている曲であっても、弾いていたら難しかったという事もあります。
(※「落ちてもいいよ」企画を除く)
参加申し込みの前に、必ずスコアやパート譜を見て、参加日までに譜読みが可能かご検討・ご確認の上お申込み下さい。

キャンセルについて

室内楽のレッスンは原則全てのパートが揃った場合のみ開催します。特に一人一パートの室内楽レッスンについては、一つのパートでも欠けた場合には、原則、延期となります。その場合、他の参加者への早急な連絡も必要なため、病気やご家庭の事情等やむを得ず参加できなくなった場合には、メールまたはお電話でご連絡ください。

講師プロフィール

松井直之先生

国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。卒業後ヴィオラに転向。PMF2005弦楽四重奏コースに参加し、東京カルテットのメンバーとブラームスの弦楽六重奏曲を共演。2010年にQuartett Hymnusを結成し、2012年、2015年に松尾芸術振興財団より助成を受ける。第9回JILA音楽コンクール室内楽部門第1位。第5回日本アンサンブルコンクール最優秀演奏者賞。第21回宝塚ベガ音楽コンクール第3位。読売日本交響楽団団員を経て、2016年4月NHK交響楽団入団。国立音楽大学非常勤講師。ヴァイオリンを樋口美佐子、大関博明に師事。ヴィオラを岡田伸夫に師事。