新講座『クァルテットの和声&音程を意識するレッスン』

講師名 大島路子先生

レッスン・企画の内容 【新規募集!】次回10/28(日)に開催決定。2枠募集(いずれの枠でも参加可能な方は、その旨お知らせください。)聴講も可。
次回教材は前回同様、「死と乙女」2楽章冒頭部分です。
多少和音に関する用語の知識が必要ですが、事前配布教材で予習して頂きます。

⇒ クァルテットのハーモニーの中で自分の弾いている音の位置を意識し、周りとどのように音程を合わせるかについて、その考え方を学び、綺麗なハーモニーを体感するレッスンです。

大島先生コメント『音程が良くなると、自分の楽器も、アンサンブル全体も美しく響くようになります。どうして音程が今ひとつ合わないのだろう、と思っている方・・・合わせていく経験と、ちょっとした和声の知識を組み合わせることにより、ぐんと自信を持てるようになります。まずは、「綺麗な響き」を体験しにいらしてください!』


募集人数・定員 各回とも4名(1パート1名)
最少催行人数 各回とも4名(1パート1名)
時間・参加費 90分、5000円
コメント 対象者: チューニング(調弦)が自分で出来るアマチュア弦楽器奏者
(目安:演奏経験5年以上)。

※尚、この講座では、「和音度数」「基本形」「転回形」「根音」「第三音」「第五音」など和音に関係する音楽用語が出てきます。事前にこれらの予習教材を配布しますが、これらの用語についてもっと集中して学習したい方は、合わせて「譜読み力アップ!」講座(村岡紗由子先生)のハーモ二―クラスも受講することをオススメします。

開催日時/募集状況等

クァルテットのハーモニー&音程を体験する(☆教材:「死と乙女」より2楽章)

開催日 2018/10/28
曜日
時間 10:30~12:00
詳細 教材:シューベルト「死と乙女」2楽章冒頭部分 
募集状況 いずれの時間帯もご参加可能な方、お知らせ下さい。
開催日 2018/10/28
曜日
時間 13:00~14:30
詳細 教材:シューベルト「死と乙女」2楽章冒頭部分
募集状況 いずれの時間帯もご参加可能な方、お知らせ下さい。

講師プロフィール

大島路子先生

桐朋学園大学、イーストマン音楽院に学んだ後、ニューヨークのカサット弦楽四重奏団にて14年間演奏活動をした。現在はヴィルトゥオーゾ横浜、及びチェンバーソロイスツ神奈川、カントゥス・クァルテットのメンバー。エイビーチェンバーミュージック室内楽ワークショップ主催。